次に掲載致しますのは、支援先のK様から、弊社指導担当足立に対して頂戴したメールの抜粋です。

K様より転載の許可を頂戴しております。

K様、ありがとうございました。


 

「遅くなりましたが、インドでの支援の感想をお送りいたします。

 

①支援を実施することになった簡単な経緯

  • 当社のインド工場は海外の初めての工場のため、海外でのオペレーションのノウハウがなく、どのように現地の人をマネジメントして、日本と同じ品質の物を生 産するか悩んでいたところ、たまたまGDMCのことを知り、海外での指導経験が豊富だと感じたので、支援の要請を依頼した。

 

②GDMC専門家を活用して良かった点

  • 単に5Sの知識や手法を教えるのではなく、経営トップ、管理職、現場がそれぞれ自分達の頭で考えながら主体的に5Sを実践していけるように指導・助言して 頂いたことが非常に良かった。自分達で主体的に取り組むことで、管理職や作業者の意欲や考え方が急激に変わり、短い期間で大きく成長したと感じた。もし、言われたことだけを実行していたら、現在のように5S活動が定着・発展していなかったと思う。
  • また、座学だけではなく、おもちゃを用いたワーク型研修などを取り入れ、多角的に5Sの理解を促す工夫があったのも良かった。
  • 今回は5Sの指導がメインであったが、豊富な他社事例を踏まえて、経営・製造・組織・育成などの観点から総合的なアドバイスが受けられ、単なる5S指導よ りも奥の深い支援をして頂いた。

 

③支援についてのご意見

  • 5S活動はまだまだ始まったばかりなので、今後も継続してGDMCの支援を受けたいと考えている。

 

④今後の要望等

  • 現在は、3S(整理・整頓・清掃)まで一通り終わったので、これから残りの2S(清潔・躾)活動を行い、3Sを継続して、改善し続けられる体制を築きたい。
  • 最終的には5S活動を通じて現地のスタッフが成長し、日本人の常駐無しで現地人だけでオペレーションが出来ることを目指している。

以上」