GDMC 執行役員 足立 武士

2ヶ月ぶりの訪問です。今回は自主活動のフォローアップです。5S向上委員会のメンバーが主体となり計画⇒事前準備⇒実施までの状況を確認しました。

 

<現状チェック>

本社工場でこの活動を開始してもうすぐ1年が経過します。管理職の皆さんの意識が大分変化し、活動について理解されてきていることを感じることができる様になりました。例えば、第二工場ができたことに伴い、全体の仕事の流れを考えて大幅なレイアウト変更が実施されていました。(実務に関連するので、写真を掲載することができないのが残念です。)今までと比べて物の置き場、必要な通路が確保され仕事の流れを考えています。これまでは空いている場所にモノを置くという感じであったものが、明らかに変化してきています。今後の課題は、これをご自身の部下が同じように考えてくれる様にする事です。

ということで、今回の自主活動は5S向上委員会が実施責任者を任命し、大規模5S活動を実施しました。実践の流れを充分に理解することと、指示を的確に出すことが効率的な作業には必要であることなどを理解してもらい、更に自分の考えを伝える事も学んでもらうためです。

 

<本社工場>

・倉庫

切削油や研磨剤を保管している倉庫の大規模5S活動です。油まみれの床に、何がどれだけ必要かが不明確な状態で置かれています。かなりの苦戦が予想されるエリアです。しかもなぜか使われていないパレットが置かれています。

Adachi8_1

チェックシートの評価は20%!どこまで良くなるか楽しみです。

手順は今までと同じです。全てをどかして清掃、必要なモノを決めて仕事の流れを考えて配置する、です。

Adachi8_2

Adachi8_3

手順は問題なく、今まで通り活動が実施されていました。今回ここでのアドバイスは、床の油汚れについてでした。油で床が光っている状態でレイアウト検討に入ってしまいました。これは、油汚れは落とせないという先入観で落とすことを考えていないからです。一度トライをして落ちなければ仕方がありませんが、何もしないのは最も良くないことです。更にどうしたら油汚れが軽減できるかを教えて、追加で清掃してもらいました。

Adachi8_4

Adachi8_5

この時に初めから油を落とすように指示を出してしまうと、記憶に残りません。時間にムダが発生しますが、あえて失敗体験をしていただくことが記憶に残すための工夫です。

Adachi8_7

チェックシートで再評価50%を超えました。

Adachi8_8

Adachi8_8

とても良くなりました。区画線で置き場と通路が明確になり、作業がスムーズにできる様になっているのが一目で判断できます。

 

<第二工場>

・倉庫

こちらも倉庫の大規模5S活動です。第二工場は活動が開始されてからまだ3ヶ月ほどということもあり、こちらのフォロー時間を多くしました。

Adachi8_9

Adachi8_10

チェックシートのよる評価結果はこちらも19%でした。

目指すべきは、
①  探さない
②  ワンアクション
どちらも難しそうな職場ですね。これでは仕事の効率は上がらないでしょう。

こちらもいつもの通り、全てをどかして清掃して必要なモノを戻します。今回、とても良かったのは、上の右写真のように、縮尺を合わせたレイアウト図で事前に置く場所を検討していたことでした。レイアウトを鉄板にし、置くものをマグネットプレートで作成したので、自由に移動させて検討していました。とても良いアイディアですね。

ここでも、戻すものが決まったら綺麗な状態にして戻す事を再度説明しました。理由についても再説し、最善の状態にしてモニタリングすることで、どこがどの程度で汚れていくかを観察し、清掃のルールを明確にすることが重要であることを再認識してもらいました。

Adachi8_13

チェックシートによる再評価で52%を達成しました。

このチームは再評価の際に倉庫内に通路が必要かどうかで意見が分かれていました。しばらく議論が続けられていた所で、工場長が

「倉庫には絶対に通路が必要!」

と助言されました。更に、「何のために倉庫内のレイアウトを見直したのか、置いたものが直ぐに取出せるようレイアウトを工夫したはず、通路が無ければモノが置かれていつの間にか取り出しにくくなるはず。」と説明されていました。全くその通りですね。倉庫は置き場!と考えて取り出すことを意外と考えていないことが多く、それを予防するためにも通路は必要ですね。

本社工場が主体となり第二工場も変化していくことが予想されますが、最も重要なのは人を育てる事です。言われて5S活動が実施できる人材ではなく、気づく(自主的に実施できる)人材育成が大切です。第二工場の皆さんにも、早く模型を使った発想力トレーニングを実施するように提案しました。

次回は8月以降のフォロアップを行う予定です。